当ページに含まれた広告と商品評価について+  当ページには広告リンクが含まれています。当ページ経由で商品・サービスの申込みがあると掲載している提携企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただしサイト内のランキングや商品評価は、提携の有無、報酬の有無にかかわらず、プライバシー・ポリシーに基づいて、独自調査と実際に利用したレビューをもとに掲載しています。当サイトで得た収益は、さらに役立つコンテンツを提供するため、品質の向上等に還元しております。  

ビューティ

ガードナーベルト症候群とは?注意点やデメリットを口コミから徹底解説

ガードナーベルト症候群という現象に悩まされる方もいることはご存じですか?
ガードナーベルトは腰の負担のサポートや骨盤の補正など、嬉しい効果が期待できるアイテムです。
しかし、使いすぎるとガードナーベルト症候群という症状が出る可能性があります。

ガードナーベルト

そこで今回は、ガードナーベルト症候群の詳細や注意点をご紹介します。
ガードナーベルトの口コミや期待できる効果もご紹介しているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

記事のポイント

  • ガードナーベルト症候群は症状であり病気ではない
  • ガードナーベルトが楽すぎるため使いすぎて筋力が低下する症状
  • ガードナーベルト症候群は良い意味で使われる事もある

ガードナーベルト症候群とは?

ガードナーベルト症候群は、ガードナーベルトを含むサポーターを着けていないと生活に支障をきたす現象のことです。

ガードナーベルトと名前がついているのは、腰のサポーターの代表的な製品名だからで、他のサポーターも当てはまります。

本来は腰の悩みを一時的に緩和してくれるサポーターですが、間違った使い方や過度な依存によって腰まわりの筋力が低下してしまう事があります。
なお、「症候群」というのは、病名ではなく、社会現象をさします。

つまりガードナーベルト症候群というのは、病気ではないため、使い方の問題と言えます。
具体的には、ガードナーベルトに頼りすぎる生活をしている場合、使う時間を調整して、腰の筋力ダウンをふせぎましょう。

ガードナーベルト症候群で筋力が落ちる危険性はある?

ガードナーベルトを装着しただけで筋力が落ちることはありません。
しかし、極端に運動量が減ったり、サポーターによって動きが制限されてしまったりすると筋力が衰えるリスクがあります。

筋肉は運動やトレーニングによって筋力が増え、逆に動かなければ減り、運動ができなくなるという悪循環が生まれてしまいます。
腰まわりの筋力が減ると腰にかかる負担が増え、腰痛や骨盤のゆがみなどが悪化するため、ガードナーベルト症候群のリスクも高まります。

ただし、ガードナーベルトの装着で腰の負担が軽減されたことで腰が動かしやすくなったという意見もあります。
そのため、ガードナーベルトを着用しつつ運動量を減らさないように心掛ければ、筋力が低下する心配もありません。

参考ガードナーベルトはデメリットだらけ?

ガードナーベルト症候群はどう?良い口コミ・悪い口コミ

ガードナーベルト症候群が気になるなら口コミをチェックしてみましょう。
良い口コミ・悪い口コミをピックアップしたので、参考にチェックしてみてください。

ガードナーベルトの悪い口コミ

まずは、ガードナーベルト症候群が気になる方が多いので、マイナスの口コミからチェックしてみましょう。

こちらはガードナーベルト症候群という言葉を良い意味で使っています。
あまりに腰が楽なので頼りすぎに注意です。

こちらはガードナーベルトが気になっている方の口コミです。
ガードナーベルトに興味があるものの、公式動画のような効果があるのか疑問に思っています。
ガードナーベルトの価格が高いと感じている分、効果に対して不安を持っており、なかなか購入の決断ができないようです。

“Mサイズを購入したのですが、ブカブカで全然フィットしなかったです。
表示サイズより1つ小さいくらいでもいいかと思います。”
引用元:ガードナーベルトの口コミ(楽天)

サイズが合わず、購入を後悔した人もいます。
ガードナーベルトはサイズが多いため、自分の体に合わせて選ばないと大きすぎたり、小さすぎたりしてしまいます。
事前に腰まわりを測った上で、適切なサイズを選ぶことが大切です。
なお、公式サイトからの購入なら、返金

ガードナーベルトの良い口コミ

ガードナーベルト症候群は先ほどのように良い意味で使われる事もあります。
ガードナーベルトが楽過ぎて、これなしではやっていけない、という意味です。
他にはどんな口コミがあるでしょうか。

フルタイムの立ち仕事です。棚の下の物を取ったり、屈む事も多いですが、綿素材のキャミソールの上に着用していますが、ずり上がって来る事なく、1日支えてくれて、とても楽です。
腰痛が楽になっただけで無く、ボディメイク効果も抜群で、10日間の着用で、身体のラインがシュッと締まって来ました。
背中側の滑車の部分、大きいな…と思いましたが、立っている時に、背もたれのように支えてくれて、安定感があります。
座る時には、サイドのベルトを緩める事もありますが、ギュッと締めているのが心地よくて、1日着けても苦にならないです。

引用元:ガードナーベルトの口コミ(楽天)

ガードナーベルトを着け始めたことで、腰痛が楽になったと感じています。
ベルトの後ろが大きく、背中をしっかり支えてくれる安定感や心地よい締め付けが魅力のようです。
ボディメイク効果も高く、体のラインが引き締まったことにも満足しています。

椎間板ヘルニア持ちで、姿勢が悪いとよく症状が出てしまうので、このガードナー骨盤サポートを購入しました。着用による圧迫感も無く背筋がピンと伸びるので自然に姿勢が良くなるので継続着用してみたいと思います。

引用元:同上

椎間板ヘルニアに悩まされている方の口コミです。
実際に装着したところ圧迫感がなく、背筋がしっかり伸びる感覚があり、効果の良さを実感しています。

今まで良いと思った商品が見つからなかったものの、ガードナーベルトを試しに着けてみて、楽と感じて購入される方は多いです。
介護をやっていることから、ぎっくり腰対策になるのではないかという期待も持たれています。

ガードナーベルト症候群で注意すべきデメリット

腰の悩みを抱える人にとってメリットが大きいガードナーベルトですが、ガードナーベルト症候群には気を付ける必要があります。

ガードナーベルト症候群を回避するためにも、注意しておくべきことをご紹介します。

正しく装着する必要がある

ガードナーベルトは正しく装着するようにしてください。
過度にきつく締めすぎると苦しさを感じてしまったり、腰が動かしにくかったりします。
先も述べたとおり、腰が動かしにくくなると運動量が減って筋力が低下し、ガードナーベルト症候群につながってしまう恐れがあります。

また、寝ている間に装着するのも避けてください。
ガードナーベルトは日中での使用を想定に作られているため、寝る時に着けることを推奨していません。
就寝時も含めて長時間腰をベルトで固定すると血流が悪くなり、体の冷えや腰痛を悪化させるリスクがあります。
そのため、ガードナーベルトの装着は日中に限定しましょう。

急に使用を停止してしまうと腰に負担がかかってしまう

ガードナーベルトの使用を急に止めてしまうのも注意が必要です。

腰の悩みが緩和されたからといって、急に使用を停止すると腰に負担がかかり腰の痛みが悪化する可能性があります。
しかし、過度に使い続ければガードナーベルト症候群に陥ってしまうので、少しずつ使用時間を減らしていくのが良いでしょう。

腰の調子が良い時は使用時間を減らして様子を見るようにしてください。
また、ガードナーベルトを使用している間は腰まわりの筋肉を鍛える、正しい姿勢を心掛けるなどして、ベルトなしでも生活できる状態にしていくことも大切です。

ガードナーベルトで腰の負担を軽減できる?その効果について解説

ガードナーベルトは、腰の負担の軽減に効果があると言われているので、腰の悩みを抱える人におすすめです。
実際にどんな効果に期待できるのか、その詳細をご紹介します。

骨盤の位置を正しい場所に補正してくれる

ガードナーベルトには、骨盤を補正してくれる効果に期待できます。
ガードナーベルトは後ろの紐を絞ってベルトをキュッと締める仕様となっているので、骨盤のあたりで装着すると正しい位置に補正することが可能です。
骨盤が歪んでしまうと姿勢が悪くなったり、骨盤に収まっている内臓が下がってお腹がぽっこり出てしまったりします。
しかし、ガードナーベルトを使って骨盤を正しい位置に補正すれば、歪みの悪化を防ぐことにつながります。
産後の骨盤の開きや体型・姿勢が気になる方に嬉しい効果です。

腰の負担が軽減される

腰にかかる負担を軽減する効果にも期待できます。

ガードナーベルトを使って腰を強く引き締めると骨盤を正しい位置に固定できるので、美しい姿勢を維持できます。
正しい姿勢を保つことは、腰の負担の軽減につながるのです。
長時間デスクワークや立ち仕事で腰に負担がかかりやすい人は、ガードナーベルトを装着することで快適に過ごせます。

姿勢が悪くて腰に負担がかかってしまいやすい人にもおすすめです。

様々な腰の悩みを防いでくれる

ガードナーベルトによって美しい姿勢が維持できるようになると、腰痛や股関節の痛みなどの腰の悩みを防ぐことにつながります。
他にもインナーマッスルを鍛えるアイテムとしても使用することが可能です。
お腹の位置に装着することで腹圧が高まり、普段使われにくいインナーマッスルを使いながら姿勢をキープできます。

インナーマッスルが鍛えられることで体幹が安定し、骨盤や股関節の歪みを防止することが可能です。

ガードナーベルトを装着すると太ってる人は痩せるって本当?

ガードナーベルトの効果に、ダイエットを期待している人は少なくありません。

太っている人が装着した場合、痩せることは可能なのでしょうか?
ここでガードナーベルトのダイエット効果についてご紹介します。

ガードナーベルトはダイエット器具ではない

ガードナーベルトは腰をサポートするアイテムになります。
ダイエット器具ではないため、装着しても脂肪燃焼が促されることはありません。
ただし、ガードナーベルトの装着で正しい姿勢を維持できるようになると、姿勢が悪い状態と比べてエネルギーの消費量が増えます。
それによって消費エネルギーが摂取エネルギーよりも多くなれば、痩せる可能性はあるでしょう。
ガードナーベルトに痩せる効果はありませんが、ダイエットのサポートとしては役立つと言えます。

骨盤補正によって痩せて見えるようになる場合もある

骨盤の補正効果によって痩せたように見える場合もあります。
ガードナーベルトを着けると腰や骨盤まわりが強く引き締められ、骨盤が正しい位置に固定されます。
それに合わせて下がっていた内臓も正しい位置に固定されるので、腰まわりがすっきりした状態になるのです。

しかし、あくまでも一時的な骨盤補正であるため、ベルトを取ればぽっこりお腹に戻ってしまいます。
それでも着けている間は腰まわりが痩せて見えるので、ぽっこりしたお腹をカバーできるのはメリットです。

ガードナーベルトはサイズ展開が幅広いので太ってる人も装着可能

ガードナーベルトは、S・M・L・XLの4つのサイズで展開しています。
自分にどのサイズが合うのかは、ウエストか骨盤まわりの大きい方を測って判断することになります。
対応している腹部・骨盤まわりのサイズは以下のとおりです。

  • S:63~73cm
  • M:74~83cm
  • L:84~96cm
  • XL:97~115cm

最大115cmのウエスト・骨盤まわりに対応しているので、太っている人も安心して装着できます。

ガードナーベルト症候群まとめ

今回はガードナーベルト症候群やガードナーベルトの評判、効果などをご紹介しました。

ガードナーベルト症候群のポイント

  • ガードナーベルト症候群は、腰のサポーターに頼りすぎてしまう現象のこと
  • ガードナーベルト症候群にならないために、時間を空けることも重要
  • ガードナーベルトには、一時的な骨盤矯正や腰の負担軽減などの効果に期待できる
  • ダイエット器具ではないので痩せることはない

 

ガードナーベルトは、腰まわりをしっかり締め付けて固定されるので、骨盤の補正や腰の負担の軽減といった効果に期待できます。
あくまでもサポーターなのでダイエット効果はありませんが、装着するとぽっこりお腹をカバーできることはメリットです。

また、ガードナーベルト症候群はサポーターに頼り過ぎることで起きてしまう現象なので、どんなに腰に良いアイテムでも過度な使用を避けることが求められます。
長時間の装着を避ける、運動量を減らさずに筋力をアップさせるといった対策をして、ガードナーベルト症候群になることを避けながら使用するようにしましょう。

-ビューティ