当ページに含まれた広告と商品評価について+  当ページには広告リンクが含まれています。当ページ経由で商品・サービスの申込みがあると掲載している提携企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただしサイト内のランキングや商品評価は、提携の有無、報酬の有無にかかわらず、プライバシー・ポリシーに基づいて、独自調査と実際に利用したレビューをもとに掲載しています。当サイトで得た収益は、さらに役立つコンテンツを提供するため、品質の向上等に還元しております。  

ビューティ

ガードナーベルトはデメリットだらけ?悪い口コミを調査した結果

「このぎゅ~っが“クセ”になる」というキャッチフレーズを売りにしているガードナーベルトは、デメリットも多いという声が聞かれています。
「ガードナーベルトはデメリットだらけ」などと言われると、商品に興味があっても敬遠してしまうものです。

ガードナーベルト

そこで今回は、ガードナーベルトの良い口コミ、悪い口コミ・評判やメリット・デメリット、利用時の注意点、サイズの選び方について解説していきます。

ガードナーベルト3つのデメリット

ガードナーベルトにはデメリットが3つあります。
では、ガードナーベルトはなぜデメリットがあると言われているのか具体的にみていきましょう。

ガードナーベルトのデメリット

  1. 装着していないと痛みが再発する可能性もある
  2. 就寝前にガードナーベルトを取り外すことを忘れない
  3. ガードナーベルトには偽物・模倣品が出回っている

それぞれのデメリットを詳しくみていきましょう。

1、装着していないと痛みが再発する可能性もある

ガードナーベルトをはじめとしたサポーターを装着していれば、反り腰や腰痛が治ると思われがちですが、あくまでもサポート役なので根本的な改善にはつながりません。
そのため、使用を急にやめてしまうと、腰に負担がかかりやすい状態になるので、いたみが再発しやすいです。

再発しないようにするには、腰の筋力を鍛え、ガードナーベルトに頼らなくても問題ない体作りをすることが重要です。
ガードナーベルトを付けているだけでは治療にならないのはデメリットと言えます。

2、就寝前にガードナーベルトを取り外すことを忘れない

ガードナーベルトは、就寝中につけたままにすることを推奨していません。
就寝中につけっぱなしだと、血行不良によるむくみや冷え、蒸れによる肌トラブルなどが生じる恐れがあるためです。
長時間の締め付けで腹部が圧迫されると、睡眠の質が悪くなることも考えられます。

就寝時にも着用したいのであれば、肌に直接触れないようにしたり、締め付けを弱めにしたりしてください。

また、少しでも違和感があったら、すぐ外すのも鉄則です。

3、ガードナーベルトには偽物・模倣品が出回っている

ガードナーベルトの偽物や模倣品に引っかかってしまうケースも多いです。
偽の通販サイトでなりすまし、ロゴやサイト内容を転載しているケースもあるので、判断は難しいです。}

公式サイトや公式オンラインストア、公認サイトから購入するようにしてください。
また、メールアドレスに公式を名乗って連絡が来る場合もあります。
何か連絡がきたときは、ドメインが「@guardner.jp」になっているか確認するとだまされずに済みます。

他のドメインからメールが送られてきたとしても、URLリンクをクリックしたり、情報を記載したりしないようにすることも自分を守るために重要です。

公式なら14日間返金&交換保証付き♪

ガードナーベルトを公式サイトをチェックする

※累計30万本突破で大人気!

ガードナーベルトのデメリット調査。悪い口コミは?

「ガードナーベルトはデメリットだらけ」と言われると、気になっている商品だったとしても不安になってしまいます。

そこでまずは、ガードナーベルトの良い口コミと悪い口コミからみていきましょう。
実際に使った人の口コミをピックアップしてご紹介するので、参考にしてみてください。

ガードナーベルトのデメリット・悪い口コミ

ガードナーベルトのデメリット・悪い口コミには、以下のようなものが見つかりました。

締め上げは気持ちいいです。
ただ、コルセット部分がプラスチック素材で、他の部分も伸縮できない素材なので座れないし歩けません。
立ってることしか出来ないので料理中など限定的にしか使用できません。

引用元:ガードナーベルト口コミレビュー(楽天)

伸縮性のなさから不便だと感じる人もいるとわかる口コミです。
使える場面が限定的なのは、やはりデメリットと言えます。

一般的な腰痛サポーターと比較して、装着後に締めるのは非常に楽で、しっかりと少ない力で締める事が出来ます。
しかし、ゴムではなくプラスチックのような素材なので、腰にフィットするわけではなく、座った後には、上方にずれてしまいます。ですので、ずっと立ちっぱなしであればいいのですが、事務仕事で座った後に立ち上がると、もう一度設定し直す必要があります。服の下に装着しているため、とても不便なため、使わなくなりました。。。

引用元:ガードナーベルト口コミレビュー(楽天)

伸縮性のなさやフィット感の乏しさを指摘する悪い口コミも散見されました。
フィット感がいまいちなのもデメリットと言えそうです。
座ったり、立ったりする場面が多いと、ずれてしまうので付け心地の悪さを感じてしまいます。

ガードナーベルトの良い口コミ

ガードナーベルトの良い口コミには、以下のようなものが見つかりました。

締め付け具合は調整もできるので使いやすいですし、無理なく正しい姿勢になれるので息もしやすくなる感じでよかったです。ゴムとかのは苦しくて続かなそうだからこちらの商品にしたのですが正確でした。
確かにずれちゃったりするけど、まーまた直せばいいし、私はさほど気にならなかったです。長く使ってると暑くなってきますが、まーそれはどれでも仕方ないかなと。
一日外出時に使ってみましたが、意外と長時間も辛くなく、トイレや運転がしづらいですが、歩きやすくて疲れにくい感じがしました。食事もさほど不便は感じなかったです。外出時に付け替えるのは難しいので その辺をどうするか、まだ模索中ですが 外しても姿勢が保たれている感じで良いと思います。続けてみたいです。

引用元:ガードナーベルト口コミレビュー(楽天)

ガードナーベルトは締め付け具合を調節できることから、「ちょうどいい」と感じられるフィット感を実現できます。
トイレや運転をする際は不便さを感じるようですが、トータルで見てみると満足度の高い商品だとかんじたことが良くわかる口コミです。

反り腰で悩む人も多くみられますが、ガードナーベルトを付けたことで改善したと感じる声も聞かれています。
姿勢が良くなるとこれまでとは違う筋肉も使うようになるので、お腹周りがすっきりするといった効果を感じる場合もあります。

背筋も伸びるので、姿勢を良くしたいと思っている人にもおすすめのアイテムです。

公式なら14日間返金&交換保証付き♪

ガードナーベルトを公式サイトをチェックする

※累計30万本突破で大人気!

ガードナーベルトはデメリットだけじゃない!効果やメリットを調べてみた

ガードナーベルトを使った人の口コミを見てみると、デメリットも多いように感じられます。

しかし、デメリットだけではなくメリットを感じたという声も聞かれているのです。
そこで続いては、ガードナーベルトの効果やメリットについて解説していきます。

ガードナーベルトの効果

ガードナーベルトを着用することで期待できる効果には以下のような点が挙げられます。

腰への負担が軽減する

ガードナーベルトは、締め付けの強さを調整できる腰のサポートベルトです。
2枚のベルトがあり、それぞれ腰に当たる部分に複数の滑車があり、そこを通るひもを引っ張ることで締め付け具合を調整できるという仕組みになっています。

腰から背中にかけて大きい樹脂で支えるため、壁にもたれながら腰を持ち上げてもらっているような感覚を味わえます。
メッシュ素材なので蒸れる心配もなく、簡単の水洗いができるので、安心して毎日使えるアイテムです。

反り腰・猫背の改善につながる

ガードナーベルトは、反り腰や猫背の改善効果も期待できます。

反り腰は、腰のそりを強める筋肉が過剰に働くことが原因です。
また、お腹周りの筋力低下も反り腰の原因として挙げられます。
反り腰になると、腰痛や足の傷み・しびれなどを引き起こすため、生活に支障が出てしまいます。

猫背は、生活習慣や筋力バランスの悪さが原因でなってしまいます。
ジム仕事が多くて運動不足になっている人の場合だと、肩甲骨や股関節付近の可動域が狭まり、本来の働きが失われることで猫背になるケースが多いです。

猫背になると、頭痛や肩こり、腰痛、ひざ痛、股関節痛などを引き起こしやすくなります。
体に傷みが生じると、余計運動不足になってしまうという悪循環になりかねません。

骨盤ケアできる

ガードナーベルトを装着すると、骨盤ケアもできます。
骨盤が開いてしまうと、内臓が下がってしまい、働きが弱まります。
そしてそれは、消化不良や胃もたれ、腹部膨満感といったトラブルにもつながるため、改善すべきポイントです。

上半身の骨格などにも影響を及ぼすようになると、肩こりや耳鳴り、頭痛などの症状も出てきます。
また、むくみやすくなってしまうので、骨盤ケアをするメリットは大きいです。

座りながらインナーマッスルを鍛えられる

座りながらインナーマッスルを鍛えられるのも、ガードナーベルトに期待できる効果の1つです。
なぜかというと、お腹周りにまくと腹圧が上がるので、ドローイントレーニングが可能となるからです。
インナーマッスルを鍛えると背骨を支える力が強くなるので、姿勢が良くなります。
また、骨盤ケアにも最適です。

さらに、基礎代謝が上がって痩せやすくなったり、内臓が正しい位置に戻ってウエストやお腹周りをすっきりさせたりするといったメリットを享受できるのも魅力です。

ガードナーベルトのメリット

ガードナーベルトにはデメリットだと感じてしまう部分もありますが、それに負けないメリットもあります。
次は、どのようなメリットがあるのかご紹介します。

装着しやすい

ガードナーベルトは、腰回りにまいてひもを引っ張るだけなので使い方が簡単です。
コルセットのような見た目をしていますが、1人でも簡単に装着できます。
ひもをぎゅっと引っ張れば、自分の腰回りに合うサイズになるので、ちょうどいい締め付け感を実現可能です。

耐久性が高い

ガードナーベルトは耐久性が高いストリングを採用しています。
伸縮性のある素材を使っているので、体にフィットしやすく、高い耐久性も実現しています。
ゴルフなどのスポーツをしたり、力仕事をしたりする際でも安心して着用できるアイテムです。

締め具合をコントロールできる

腰に巻いたら調整ベルトや動滑車をうまく使ってベルトを締めます。
さらに、調整ストラップを使えば締め具合を細かくコントロールできます。

両サイドにある持ち手を引っ張るだけなので、締め付け方は非常に簡単です。
難しい操作は必要ありません。

パソコン作業中やスポーツ中、食事中などのシーンに合わせて柔軟に調整できます。

ガードナーベルト公式サイトなら返品・交換保証がある

ガードナーベルトを公式サイトで購入すると返品・交換保証がついているので安心です。
公式サイトで購入した方限定で14日以内なら、返品も交換も可能です。
初期不良と判断された場合は、無償で交換用のひもや引き手のストラップなどを送ってもらえます。

新品交換の無償対応は基本的に2週間以内となっていますが、トラブルがあった場合は期間に関係なく対応してもらえるので安心感が大きいです。
ひもの保証は3年となっていて、3年以内なら無償で交換用を送ってもらえます。
商品には保証書がついていないので、交換を希望する場合はご注文番号が必要になります。

万が一に備えてご注文番号はすぐ確認できるようにしてください。
注文履歴を調べられない場合は、商品に「ガードナー」のロゴがついているか写真で確認されるので、タグも切らないように注意が必要です。

公式なら14日間返金&交換保証付き♪

ガードナーベルトを公式サイトをチェックする

※累計30万本突破で大人気!

ガードナーベルトは太ってる人でも使える?サイズの選び方をご紹介

ガードナーベルトは4サイズ展開となっているので、太ってる人でも使えます。
最後に、サイズの選び方について解説していきます。

・Sサイズ

Sサイズ(63cm〜73cm)は、身長160cm・体重46kg・ウエスト65cm・骨盤80cmのモデルが腰回りに巻くとギリギリです。
骨盤周りの場合は個人差があるので、1サイズまたは2サイズ大きいものを選ぶと安心です。
子どもや非常に細い方であれば問題なく着用できます。

・Mサイズ

Mサイズ(74cm〜83cm)は、身長160cm・体重46kg・ウエスト65cm・骨盤80cmのモデルがウエストに巻くとちょうどよいサイズです。
しかし、骨盤の出っ張りにかぶせるように巻くのであれば、1サイズ大きめの方がおすすめです。

・Lサイズ

Lサイズ(84cm〜96cm)は、身長171cm・体重55kg・ウエスト78cm・骨盤85cmのモデルが使用すると前に重ねる部分が多くなりますが問題ありません。
ジャストサイズはMサイズですが、少し大きめのサイズでも問題ないと言えます。
重なる部分が多くて後ろまで行ってしまう場合は、1サイズ小さいものを買ってください。

・XLサイズ

XLサイズ(97cm〜115cm)は、身長180cm・体重98kg・ウエスト105cm・骨盤110cmのモデルが使用した時、ジャストサイズでした。
これよりも大きいサイズはないので、小さい場合は25cm延長できるエクステンションバンドが必要です。

ガードナーベルトのデメリット・よくある質問

ガードナーベルトのデメリットには何がある?

腰は楽になるが装着をするだけでは治療にはならい事や就寝中付けるのは推奨されていない事などがデメリットです。また偽物もあるので公式サイトで手にいれるのがおすすめです。

ガードナーベルトを使うと筋力が低下する?

ガードナーベルトを使用する事よりも、腰の気になる辛さのために運動しない事の方が筋力が低下します。ガードナーベルトを使うことで正しい姿勢が意識されて、インナーマッスルが鍛えられるという口コミもあります。

ガードナーベルトをつけっぱなしにしても大丈夫?

就寝中は外すことが推奨されています。

ガードナーベルトのデメリットまとめ

今回はガードナーベルトのデメリットを中心に紹介しました。
まとめると以下の通りです。

ガードナーベルトのデメリット

  • ガードナーベルトを症着していないと痛みが再発する可能性がある
  • 就寝前は外す必要がある
  • ガードナーベルトには偽物もあるので公式サイトで購入した方がよい
  • 座ったりするとズレる場合がある

ガードナーベルトは、体にしっかりフィットし、骨盤や背骨などを支えてくれます。
そのため、姿勢改善をしたい、腰に悩みがある方におすすめです。
ガードナーベルトにはデメリットが多いといった声も聞かれますが、メリットもたくさんあります。

公式なら14日間返金&交換保証付き♪

ガードナーベルトを公式サイトをチェックする

※累計30万本突破で大人気!

期待できる効果はどれも魅力的なので、試してみる価値は大いにあります。

-ビューティ