当ページに含まれた広告と商品評価について+  当ページには広告リンクが含まれています。当ページ経由で商品・サービスの申込みがあると掲載している提携企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただしサイト内のランキングや商品評価は、提携の有無、報酬の有無にかかわらず、プライバシー・ポリシーに基づいて、独自調査と実際に利用したレビューをもとに掲載しています。当サイトで得た収益は、さらに役立つコンテンツを提供するため、品質の向上等に還元しております。  

エステ

キャビテーションの効果はすごい?注意点と痩せた人の口コミを徹底解説

キャビテーションの効果はすごいと評判ですが、具体的にどんな効果が得られるのか知りたい方もいるでしょう。
そこで今回はキャビテーションのすごさを知ってもらうために、期待できる効果をご紹介します。

安全に施術を受けるために知っておきたいリスクや適切な施術の頻度、ハイフとの違いも解説します。
さらに、おすすめのサロンも紹介しているので、キャビテーションで痩せたい方はぜひ参考にしてください。

記事のポイント

  • キャビテーションの効果がすごいとXの口コミで話題
  • キャビテーションはスタイルアップ効果に即効性が期待できてすごい
  • セルライトを減らしたり代謝アップできるのもすごいと言われる点

キャビテーションの効果がすごい理由

キャビテーションがすごいと言われる理由は、期待できる効果にあります。

キャビテーション

まずは、具体的にどんな効果を得られるのかご紹介しましょう。

部分的な脂肪細胞の分解でセルライトを減らせる

キャビテーションを受けることで、セルライトを減らすことが可能です。
セルライトは、脂肪細胞と排出されなかった老廃物が一緒に凝り固まったものになります。

二の腕や太もも、お尻などにできやすく、ボコボコとした大きな塊になっているのが特徴です。
セルライトは燃焼しにくい性質があり、食事制限や運動でも簡単に落とせないと言われています。

キャビテーションは、特殊な超音波に振動によって脂肪細胞とその周辺に気泡を発生させ、その気泡が弾ける衝撃で脂肪細胞を分解する仕組みです。
脂肪細胞を分解することで、頑固なセルライトも減らすことができるのです。

また、キャビテーションはお腹や二の腕、太ももなど様々な部位に対して施術ができるので、脂肪やセルライトが気になる部分を集中的にケアできます。
部位別にアプローチできるのがキャビテーションがすごい点です。

血行やリンパの流れが良くなる

キャビテーションを受けると血行やリンパの流れも良くなるメリットがあります。
脂肪細胞やセルライトが分解されて余計な老廃物が排出されると、停滞していた血行やリンパも改善されるのです。
血行やリンパの流れが良くなれば、冷え性やむくみの改善につながります。

ただし、キャビテーションを受けただけで、すぐに老廃物が排出されるわけではない点に注意しましょう。
実際にはマッサージやEMSなどの施術を組み合わせて老廃物の排出を促し、スムーズに血流が流れるようにするのが一般的です。

代謝の向上によってリバウンドしにくい

リバウンドしにくい施術であることが、キャビテーションのすごいところです。
キャビテーションによって血流が良くなると、代謝がアップします。
代謝がアップすると脂肪燃焼の効率が固まるため、太りにくく痩せやすい体質に改善していくことが可能です。

代謝が上がると肩こりや肌荒れ、疲れがとれないといった不調のリスクを減らせるメリットもあります。

キャビテーションの効果がすごい「効くラボ」!

高い痩身効果を得られるエステサロンに通いたいのであれば、効くラボがおすすめです。
効くラボは製薬会社が運営するエステサロンで、現時点で東京・新宿と大阪・梅田の2店舗を展開しています。

こちらのサロンは、キャビテーションとラジオ波によるW施術によって、すごい痩身効果を発揮してくれると評判です。

具体的には、キャビテーションとラジオ波を同時に照射できるシークレットメスと呼ばれるマシンを使い、脂肪細胞を分解していきます。

本来、それぞれの施術を20分受けると計40分の施術時間が必要ですが、同時照射なのでわずか20分で施術が完了します。
また、電磁波パルスシェイプというマシンで筋肉を強化し、皮膚のたるみを防ぎながらすっきりとしたボディを目指すことが可能です。
電磁波パルスシェイプでは、20分の施術で約5万回もの筋収縮運動ができます。
深部のインナーマッスルを強化できるので、基礎代謝もアップし、太りにくい体質に導いてくれます。

シークレットメスと電磁波パルスシェイプは服を着た状態でできるので、気軽に施術が受けられるのが魅力です。

また、効くラボではエステを主軸に、漢方や栄養素、食事指導からも痩身をサポートしてくれます。

参考効くラボ梅田店の口コミ・行き方

キャビテーション効果はすごい?口コミ調査

実際にキャビテーションがすごいと感じた方の口コミでの効果を見てみましょう。

このように一回で実感できる方が多いのがキャビテーションの特徴です。

このように体脂肪率が下がったという口コミもあります。
もちろん効果には個人差があるのでこの点は注意してください。この方のようになるとは限りません。
他にもキャビテーションの効果のすごさを実感したという口コミが沢山ありました。

ご自身でも分かるほど実感しやすいのもキャビテーションの特徴と言えます。

キャビテーションとハイフの効果の違い!すごいのは?

痩身エステのメニューにはキャビテーション以外にハイフというものもあります。
キャビテーションとハイフのどちらを選ぶべきか悩む方は少なくないでしょう。

同じ痩身エステでもキャビテーションとハイフには少し異なる点があるので、その違いをご紹介します。

どちらも脂肪細胞を減少させられる

キャビテーションとハイフはどちらも脂肪細胞の減少に期待できる施術です。
しかし、それぞれの施術は脂肪細胞を減らす方法に違いがあります。

キャビテーションの場合、特殊な超音波によって脂肪細胞に気泡を発生させ、その気泡が破裂した衝撃を利用しています。
分解された脂肪細胞は血液の中に溶け、肝臓や腎臓によって排出されやすい状態に処理され、最終的に尿と一緒に体外に排出されます。

一方、ハイフは高周波の電磁波を照射することで脂肪細胞を振動させ、熱を発生させることで脂肪燃焼を促す仕組みとなっているのです。
脂肪を温めると同時に特殊な形状のヘッドで脂肪とセルライトをもみほぐし、柔らかくなった脂肪や老廃物の排出を促しています。

キャビテーションは脂肪細胞そのもの減らす施術であるのに対して、ハイフは脂肪燃焼や代謝を促進させる施術と言えるでしょう。

キャビテーションとハイフを比較

キャビテーションとハイフでは痩身の仕組み以外にも異なる点があるので、違いを比較してみました。

痛みやダウンタイムが起きやすいのはハイフ

施術中に痛みを感じやすい、施術直後に赤みや軽度の腫れといったダウンタイムが起きやすいのはハイフです。
皮膚の深部や筋膜にも作用が働くため、施術中はピリピリとした痛みを感じることがあります。
我慢できないレベルではないものの、人によっては苦痛に感じる可能性があります。

また、赤みや腫れなどは数日で解消されますが、治るまで気になってしまう人もいるでしょう。
痛みやダウンタイムが気になる人はキャビテーションが向いています。

顔痩せ・リフトアップや部分痩せならハイフ

ハイフは小顔効果やリフトアップ効果に優れています。
肌に熱による刺激が与えられると、肌細胞が傷を修復するためにコラーゲンやエラスチンなどの生成が促進されます。

コラーゲンやエラスチンなどが増えると肌が引き締められるため、小顔やリフトアップ効果があるのです。
また、ハイフは一点に集中して電磁波を照射するので、部分痩せに適しているとされています。

短期間・広範囲で痩せるならキャビテーション

キャビテーションはハイフと比べて超音波の照射範囲が広くなります。
そのため、お腹や太ももなど広い部分の脂肪細胞にも効果的にアプローチすることが可能です。
また、脂肪細胞そのものにアプローチする施術であるため、1度の施術でも効果を実感しやすい特徴があります。

短期間かつ広範囲の痩身を目指すならキャビテーションがおすすめです。

リバウンドのしにくさならキャビテーション

リバウンドのしにくさを比較するとキャビテーションが優位です。
キャビテーションは脂肪細胞を分解しながら、代謝をアップさせることが可能です。
代謝が上がることでエネルギー消費の効率が高まり、脂肪を溜め込まない体質に導いてくれます。

リバウンドにより何度もダイエットに失敗している人にこそ、キャビテーションはおすすめです。

キャビテーョンのすごい効果を引き出す最適な頻度

キャビテーションの適切な頻度はエステと家庭用で異なるので、それぞれの頻度を見ていきましょう。

エステでのキャビテーションなら週1回がおすすめ

エステでキャビテーションを受ける場合、最適な頻度は週1回程度と言われています。

月1~2回の頻度でも、大幅に効果が下がるわけではありません。
しかし、エステでのキャビテーションは1度の施術で5日間ほど効果が持続するので、週1回の頻度で行うことで効率よく痩身できます。

また、ある程度短期で集中的にケアすることで、深部の脂肪に繰り返しアプローチできるので、頑固な脂肪やセルライトを効果的に減らせるメリットがあります。

週に何度もエステサロンに通うのは手間と負担がかかりますが、週1回程度なら比較的通いやすく、継続的に施術が受けられるでしょう。

家庭用キャビテーションなら週2~3回がおすすめ

家庭用キャビテーションの場合、最適な頻度は週2~3回です。
エステと比べて頻度が高い理由は、機器の出力が業務用よりも低いためです。

家庭用は安全性に考慮してエステサロンで使われる業務用よりも出力が低いので、効果も緩やかなものとなっています。
そのため、エステよりも高い頻度で施術をしないと満足のいく効果が得られない可能性があるのです。

しかし、やり過ぎは体に負担をかけて痩身効果を半減させる恐れがあるので、週2~3回が無難と言えます。

キャビテーションは効果はすごいがやり過ぎると逆効果?

効果がすごいキャビテーションですが、やり過ぎるのはかえって逆効果になると言われています。
キャビテーションのやり過ぎで起きるリスクを見ていきましょう。

皮膚のたるみ

キャビテーションのやり過ぎは、皮膚のたるみにつながる可能性があると言われています。
これはどんなダイエット方法にも言えることですが、急激に脂肪細胞が減ってしまうと、体積が減ることになります。

しかし、表皮や真皮といった皮膚の体積はすぐに変わらないため、皮膚が垂れ下がってしまい、たるみができてしまうのです。
たるみを抑えながら痩せるためには、脂肪の急激な減少を避けなければなりません。

キャビテーションは脂肪細胞を減少させる効果が高いため、やり過ぎは脂肪の体積を大幅に減らすことにつながるので注意が必要です。

眠気に襲われやすくなる

眠気を感じやすくなるというケースもあります。
これもキャビテーションのやり過ぎで肝臓に過度な負担がかかってしまうことで起きる副作用です。
肝臓が疲労すると体は休息モードに入るため、眠気に襲われやすくなります。
さらに、肝臓は糖とケント体を生成する働きがあり、この2つの物質は脳のエネルギー減となります。

肝臓が疲労して機能が低下していると糖とケント体が生成されず、脳はエネルギー不足となるので、これも疲労感や眠気に襲われやすくなる原因です。

分解した脂肪細胞が排出されにくくなる

やり過ぎはキャビテーションの効果が最大限発揮されなくなる可能性があるので注意しましょう。
先に述べたとおり、キャビテーションによって分解された脂肪細胞の排出は肝臓や腎臓が担っています。

しかし、肝臓や腎臓に大きな負担がかかって疲労した状態では機能が低下し、脂肪細胞の排出が滞ってしまい、再び脂肪として蓄積されてしまいます。

最大限の効果を発揮させるためには、適切な頻度で施術を行うことが大切です。

お腹の調子が悪くなる

キャビテーションは胃腸にも負担を与えてしまうので、お腹の調子を悪くさせる可能性がある点にも注意しましょう。
肝臓で処理された脂肪細胞は、尿として排出される前に胃腸で処理されます。
それによって胃腸の働きが活発となり、便通が良くなる傾向にあります。

便通が良くなることはメリットと言える部分ですが、キャビテーションをやり過ぎると便通が良くなりすぎて、お腹を下してしまう恐れがあるでしょう。
長い時間腹痛に悩まされる、下痢が止まらないという事態に陥る可能性があります。

カロリーを吸収しやすくなる

キャビテーションのやり過ぎはカロリーの吸収率を高める可能性があります。
急激に脂肪が減ることで体は飢餓状態だと勘違いし、エネルギーを溜め込もうとします。
そのため、通常よりもカロリーの吸収率が高くなってしまうのです。
吸収したカロリーが消費エネルギー以上であれば脂肪として蓄積されるので、せっかくの施術の効果を相殺し、リバウンドしてしまう恐れがあります。

やり過ぎに関わらずキャビテーションを受けた後はカロリーの吸収率が高くなる傾向にあるので、施術後2~3時間は低カロリーの食事を心がけましょう。

キャビテーションの効果よくある質問

キャビテーションにはどんな効果がある?

キャビテーションは血流の改善やリンパの改善に効果的です。セルライトやスタイルアップをしたい方におすすめです。

キャビテーションで痩せられる?

キャビテーションで直接的に痩せることはできませんが、痩せやすい体になれるので、結果としてダイエットのサポートになります。

キャビテーションにはデメリットはある?

デメリットとしては、やりすぎによる皮膚のたるみ、眠気、お腹の調子が悪くなる、脂肪細胞が排出されにくくなるなどがあります。もちろん全ての方がこのようになるわけではありません。

キャビテーションの効果がすごい!まとめ

ここまでキャビテーションのすごい効果ややり過ぎることのリスク、最適な頻度などをご紹介しました。
今回の記事の内容をまとめてみました。

キャビテーションがすごさのまとめ

  • キャビテーションには脂肪細胞を減らすというすごい効果がある
  • 血行やリンパの流れの改善やリバウンドしにくいメリットがある
  • やり過ぎは体の負担になるため、エステサロンなら週1回の頻度が効果的

キャビテーションは家庭用の機器もありますが、手間をかけずに高い痩身効果を得たいのであればエステで施術を受けるのがおすすめです。

効くラボは、痩身に追求し研究を重ねている製薬会社が運営するエステサロンです。

参考効くラボの口コミ評判について

キャビテーションにラジオ波を組み合わせて、従来の施術よりも効果的な痩身エステを提供しています。

キャビテーションのすごい効果を実感したい方は、ぜひ効くラボを利用してみてください。

-エステ