本記事は、提携する企業のプロモーション情報が含まれます。

買取り

ザ・ゴールドとバイセルの口コミを比較!買取金額の高いのはどちらか徹底解説

ザ・ゴールドとバイセルは、宝石や貴金属、ブランド品、着物など、様々な品物の買取専門店です。

どちらも多くの方に利用されていますが、実際のところ、買取りを依頼するならザ・ゴールドとバイセルのどちらの評判が良いのでしょうか?

ザ・ゴールドとバイセル

今回は、ザ・ゴールドとバイセルの基本情報や良いところをそれぞれご紹介します。

最近特に力を入れている着物買取りでの相場や、買取り可能な種類などを比較していきます。
様々な品物の買取りを依頼しようと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

記事のポイント

  • ザ・ゴールドとバイセルの違いをチェック
  • ザ・ゴールドとバイセルの口コミ比較
  • どちらがおすすめなのか?
まゆか
まゆか
まずはザックリ表で比較してみるね

ザ・ゴールドとバイセル比較表

■ザ・ゴールド、バイセル比較表

ザ・ゴールド バイセル
店舗数 約77店舗 約27店舗
従業員数 約395名 約652名
株式 非上場 東証グロース上場
資本金 5,000万円 6億3110万円
創業 1962年 2001年
買取り方法 出張
宅配
店頭
出張
宅配
店頭
主な買取り対応
貴金属、宝石、着物、ブランド、切手、金券、骨董品、家電、生活雑貨 着物、切手、古銭、骨董品、レコード、毛皮、ブランド、お酒、貴金属、宝石、時計、金券、カメラ、食器、楽器、ゴルフクラブ、家電
査定料 無料 無料
公式サイト 公式サイト 公式サイト
まゆか
まゆか
買取り額については残念ながらモノによるから単純に比較はできないよ

歴史の古さと店舗数の多さならザ・ゴールドです。
ザ・ゴールドはバイセルより二倍以上の店舗があるので、持ち込みで申し込むならかなり便利。
それに対して、バイセルは、運営する株式会社BuySell Technologiesが上場しているため、上場企業の安心感があります。

店舗に持ち込むなら便利なザ・ゴールド、オンラインなら上場企業のバイセルがおすすめです。

まゆか
まゆか
どちらも査定無料だから、相見積もりをとるのもおすめだよ!

ザ・ゴールドとバイセルを比較!その違いは?

違いを知るためにも、それぞれのお店の基本情報をご紹介していきます。
また、メリットもご紹介するので比較の参考にしてください。

ザ・ゴールドの基本情報

ザ・ゴールド

ザ・ゴールドの基本情報は以下のとおりです。

企業名 株式会社マックスガイ
創業年月 1962年6月
設立年月 1968年7月
資本金 5,000万円
代表者名 矢内 芳則
役員名 専務取締役:矢内 日奈子

執行役員:小野 学、菅谷 典男

従業員数 395名(2023年5月末現在)
事業内容 貴金属・ダイヤモンド・高級腕時計・ブランド品等の買取・販売
本社所在地 東京都中央区日本橋3-3-9 メルクロスビル5階
電話番号 03-6262-1243

ザ・ゴールドは、株式会社マックスガイにより運営されており、長年買取専門店として多くの人々に愛されてきました。

経営理念を「生きている喜びを、仕事を通して表現し、ともに幸せになろう」と掲げ、一人ひとり異なる「幸せ」という思いが事業を通して実現できるよう努力を重ねています。

ザ・ゴールドのメリット

創業から61年となるザ・ゴールドは、安心して自宅に呼べる出張買取サービス1位、友人にもおすすめしたい買取専門店1位、終活・生前整理・遺品整理もできる買取専門店1位といったように、多くの方から支持されています。

支持される理由としては以下が挙げられます。

ザ・ゴールドが支持される理由

  • ・査定や説明が丁寧
  • ・状態が悪い・値段が付かないものでも引き取ってもらえる
  • ・スケジュールの調整がしやすい

ザ・ゴールドの査定士は、相場を熟知したGIA鑑定士やリユース営業士といった有資格者となっており、一つひとつ丁寧に査定してくれます。

査定ポイントの説明も丁寧なので、安心して任せることができます。

また、シミやシワ、色あせなど、状態が悪いものでも気軽に相談できるだけでなく、値段が付かなった着物は無料で引き取ってもらえるため、処分費用もかかりません。

出張買取では、連絡方法やスケジュールなどは利用者の都合に合わせて柔軟に対応してもらえます。
急な電話でも即日査定可能になるケースも多く、臨機応変な対応も魅力となっています。

バイセルの基本情報

続いて、バイセルの基本情報をご紹介します。

企業名 株式会社BuySell Technologies
設立年月日 2001年1月16日
代表取締役兼CEO 岩田 匡平
事業内容 着物・ブランド品等リユース事業
本社所在地 東京都新宿区四谷4-28-8 PALTビル
電話番号 03-3359-0830
古物商許可番号 東京都保安委員会 第301041408603号

バイセルは、株式会社BuySell Technologiesが運営する買取専門店で、2001に設立した会社です。
設立から20年以上の歴史があり、実績と信頼を伸ばしていったことでマザーズ上場企業となっています。

バイセルのメリット

バイセルのメリットとしては、以下が挙げられます。

バイセルが支持される理由

  • 24時間365日の受付に対応している
  • 確かな査定品質
  • 手数料が無料
  • マザーズ上場企業の信頼性

バイセルは、電話やメール等での受付・相談に24時間365日対応しています。

さらに出張買取や宅配買取は全国に対応しており、いつでも相談可能です。

また査定士は幅広い品物の知識を有したプロから構成されており、査定時には査定士と商品管理部門の鑑定担当者による二重チェックを行ってくれます。

査定料や出張料、送料などの手数料が無料なので、気軽に相談しやすいのも魅力です。
運営している株式会社BuySell Technologiesは東証マザーズ上場企業であり、信頼性の高さも大きなメリットです。

ザ・ゴールドとバイセルの店舗数比較!

続いて、店舗情報をご紹介します。
ザ・ゴールドにもバイセルにもそれぞれ直営店があります。
どちらが店舗を多く構えているのでしょうか。

ザ・ゴールドの店舗情報

ザ・ゴールドでは、北海道から四国まで、全国各地に直営店を構えています。
各都道府県の店舗数は以下のとおりです。

【ザ・ゴールドの店舗数】

  • 北海道:12店舗
  • 青森県1店舗
  • 岩手県:2店舗
  • 宮城県:8店舗
  • 福島県:8店舗
  • 新潟県10店舗
  • 長野県:11店舗
  • 富山県:3店舗
  • 石川県:3店舗
  • 東京都:1店舗
  • 静岡県:3店舗
  • 岡山県:3店舗
  • 広島県:4店舗
  • 徳島県1店舗
  • 香川県:2店舗
  • 愛媛県:4店舗

このほか、関東エリア・東海エリア・関西エリア・九州エリアに出張買取のみに対応するオフィスを展開しています。

バイセルの店舗情報

バイセルは、関東エリアを中心に東北から関西まで、全国各地に店舗を構えています。
各都道府県の店舗数は以下のとおりです。

  • 宮城県:1店舗
  • 埼玉県:1店舗
  • 千葉県:2店舗
  • 東京都:10店舗
  • 神奈川県:2店舗
  • 静岡県:1店舗
  • 愛知県:2店舗
  • 京都府:1店舗
  • 大阪府:2店舗
  • 兵庫県:1店舗
  • 奈良県:1店舗

ザ・ゴールドと店舗数で比較すると、このようにバイセルの方が実店舗は少ないことがわかります。

しかし、バイセルは出張買取や宅配買取に力を入れており、全国に対応しているため、近隣に店舗がない方でも利用できます。

ザ・ゴールドとバイセル、買取りを依頼するならどっち?

実際に買取りを依頼するなら、ザ・ゴールドとバイセルどちらが良いのでしょうか?

ここでは両社が特に力を入れている着物の買取を一例に比較してみます。

買取り相場や買取り可能な種類、値段が付かない着物への対応などを比べてみましょう。

着物別買取り相場を比較

まずは、着物別の買取り相場を比較してみましょう。
ザ・ゴールドとバイセルの相場は、着物の種類別にすると以下のようになっています。

着物別買取相場
着物の種類 ザ・ゴールド バイセル
訪問着 ~80万円 ~20万円
加賀友禅 ~18万円 ~18万円
京友禅 ~30万円 ~15万円
それ以外の友禅 ~20万円 ~20万円
振袖 ~30万円 ~14万円
小紋 ~10万円 ~10万円
付け下げ ~8万円 ~8万円
黒留袖 ~5万円 ~7万円
色留袖 ~7万円 ~7万円
色無地 ~25,000円 ~2万円

このように比較してみると、訪問着や京友禅などの買取り相場はザ・ゴールドの方が高めとなっていますが、それ以外は大差がないように感じられます。

全体的にザ・ゴールドの相場が高めではありますが、黒留袖に関してはバイセルの方が買取り相場は高めです。

買取り可能な着物の種類で比較

続いて、買取り可能な着物の種類を比較していきましょう。

買取り可能な着物は、上記でご紹介した訪問着・加賀友禅・京友禅・それ以外の友禅・振袖・小紋・付け下げ・黒留袖・色留袖・色無地以外を含め、以下のようになっています。

買取り可能な着物の種類
ザ・ゴールド 訪問着・加賀友禅・京友禅・それ以外の友禅・振袖・小紋・付け下げ・黒留袖・色留袖・色無地・大島袖・黄八丈・郡上紬・芭蕉布・それ以外の織着物・久留米絣・結城紬・久米島紬・小千谷縮・牛首紬・伊那紬・本塩沢・長井紬・天蚕紬・大石紬・丹波紬・出雲絣・琉球紬・綿さつま絣・能登上布など
バイセル 訪問着・加賀友禅・京友禅・それ以外の友禅・振袖・小紋・付け下げ・黒留袖・色留袖・色無地・大島袖・黄八丈・郡上紬・芭蕉布・それ以外の織着物・久留米絣・結城紬・綾の手紬・宮古上布・久米島紬・科布・藤布・紅花紬・牛首紬・塩沢紬・伊那紬・能登上布など

ザ・ゴールドもバイセルも、様々な着物を買取りしていることがわかります。

これ以外でも買取りしてくれる可能性はあるので、まずは相談してみてください。

値段が付かなかった着物への対応で比較

ザ・ゴールドの場合、たとえ値段が付かなかった着物であっても無償で引き取ってもらうことが可能です。

一方、バイセルでは値段が付かなった着物は引き取り不可となっています。

値段が付くか心配な着物に関しては、持ち込んでも持ち帰らなければならないため、事前に問い合わせして確認しておくと安心です。

ザ・ゴールドとバイセルに対する口コミ評判は?

ここからは、ザ・ゴールドとバイセルに対する評価を公式サイトやSNSなどからご紹介します。

それぞれの口コミや評判がどのようになっているか確認したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ザ・ゴールドの口コミ評価

お店もよく通るので知っていましたし、スタッフさんの対応もよかったのでまた来ます。

引用元:https://www.the-gold.jp/voice/

ザ・ゴールドは全国各地に多くの店舗を構えているほか、CMでも目にする機会が多いです。

店舗数の多さが安心感につながっているのです。

査定スタッフさんに気持ちよく説明していただいて金額にも満足しています。

引用元:https://www.the-gold.jp/voice/

ザ・ゴールドの査定士は、資格を持ったプロの査定士・鑑定士で構成されており、品物一つひとつの状態や相場状況を熟知しています。

査定額のポイントや根拠なども丁寧に説明してくれるので、納得のいく金額が提示される可能性が高いです。

着物をはじめ、ザ・ゴールドでは様々な品物の買取りをしていますが、査定額が高めであるという声も多く聞かれます。

様々な品目の情報はもちろん、相場や為替などの状況を踏まえて丁寧に査定するからこそ、納得のいく査定額が期待できるのです。

バイセルの口コミ評価

訪問だと心配なこともありますが、きてくれた方はみんな丁寧でオペレーターの方も丁寧でこうしたフォローの電話もいただけるのでいいですね。何かありましたら利用してみたいとおもいました。

引用元:https://buysell-kaitori.com/first/voc/

バイセルは出張買取で全国各地の申し込みに対応しており、訪問する査定士は厳しい研修を終えた人ばかりとなっています。

利用者に満足してもらえるような対応を心がけているため、安心して依頼できます。

 

丁寧な対応でとても良かったですよ!あと昨日と今日にこの時間に行きますよ~って確認の電話があったのもすごい信頼出来て良いなと思いました。

引用元:https://buysell-kaitori.com/first/voc/

出張買取では、利用者の都合に合わせて柔軟に対応してくれます。

訪問前には担当者による電話での挨拶をしてから現地へと向かいます。

訪問時には査定士の氏名や行商従事証の提示を行い、安心して依頼できるよう配慮してくれるため安心です。

フリマサイトやオークションなどで着物を売却している方もいますが、バイセルではプロの査定士による査定を行うため、それよりも高値で買い取ってもらえる可能性があります。

値段が付かない着物の引き取りは行っていませんが、正しい知識を持って価値を見極めてくれます。

ザ・ゴールドとバイセルの比較まとめ

今回は、ザ・ゴールドとバイセルの基本情報をはじめ、それぞれの良いところや着物買取りの相場や、買取り可能な種類、口コミ・評判などから比較してきました。
結論は以下のとおりです。

ザ・ゴールドとバイセルの比較まとめ

  • ザ・ゴールドとバイセルの口コミに大きな差はない
  • ザ・ゴールドとバイセルどちらも買取り業界大手
  • どちらも信頼性が高いがバイセルは特に上場企業
  • 買取り額が気になるなら二社の無料査定を受けて相見積もりをとるのもおすすめ

どちらも着物だけでなく、貴金属や宝石など様々な品物の買取りを行っており、それぞれが店舗数や相場、強みなどを持っています。

ザ・ゴールドもバイセルも大きな企業ではありますが、バイセルは上場企業。
信頼性重視なら僅差でバイセルがおすすめです。
また、二社とも無料で買取査定に応じてくれるため、相見積もりをするのも良いです。

  • この記事を書いた人
アバター画像

FASTE編集部

暮らしの総合情報メディア

-買取り