当ページに含まれた広告と商品評価について+  当ページには広告リンクが含まれています。当ページ経由で商品・サービスの申込みがあると掲載している提携企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただしサイト内のランキングや商品評価は、提携の有無、報酬の有無にかかわらず、プライバシー・ポリシーに基づいて、独自調査と実際に利用したレビューをもとに掲載しています。当サイトで得た収益は、さらに役立つコンテンツを提供するため、品質の向上等に還元しております。  

広告 美容

リベルサスを処方してもらうには?オンライン診療で安く安全に利用する方法

リベルサスを処方してもらうにはどうすればよいのでしょうか?

リベルサス処方してもらうには?

リベルサスは、メディカルダイエット・GLP-1の経口薬。
ダイエット効果がある薬として、近年認知度が高まっているのです。
今回は、そんなリベルサスを処方してもらうにはどうすべきか徹底解説します!

リベルサスを処方してもらうには?

リベルサスを処方してもらうには以下がおすすめです。

リベルサスを処方してもらうにはこの4つ

  • 美容クリニック
  • ダイエット・肥満外来
  • 内科・泌尿器科
  • オンラインクリニック

美容クリニック

美容クリニックではリベルサスを処方してくれます。

医療用医薬品に分類されているリベルサスは、ドラッグストアなどで購入ができません。
そのため、医師の診察を受け、処方箋を出してもらう必要があります。

美容クリニックで医師の診察を受ければ、服用する際の不安や疑問を事前に解消することも可能です。
副作用が起こった場合も、主治医にすぐ相談できます。
また、ダイエットに関するアドバイスももらえるので一石二鳥です。

ダイエット・肥満外来

また、ダイエット・肥満外来でもリベルサスを処方してくれます。

ダイエット・肥満外来は、肥満の改善やダイエットを専門にしているため、痩せたいと考えている方のニーズに応えられるような診察を行っています。
受診すると、肥満の程度や体の特徴などを検査され、それぞれに合うダイエット方法を提案してもらえるのです。
リベルサスの処方だけではなく、肥満役の注射や食事療法、運動療法などもしてもらえます。

内科・泌尿器科

3つ目は、内科・泌尿器科です。
リベルサスを処方してもらうために、内科・泌尿器科を受診するという方法もあります。

ダイエット外来がない病院では、内科や泌尿器科で肥満改善治療を行っている場合があるので、近隣の病院に確認してみてください。
病院によっては、生活習慣病内科という名前で、肥満や痩身治療を行っているケースもあります。

近隣の病院に該当する診療科目が見当たらない場合は、問い合わせてみるのも1つの方法です。

オンラインクリニック

リベルサスを処方してもらうには、ダイエット治療薬の処方を行っているオンラインクリニックを利用するという方法もあります。
オンラインクリニックは、パソコンやスマホのビデオ通話で医師の診察を受け、薬を処方してもらえます。
クリニックや病院に行く手間を省けるため、メリットは大きいです。

病院へ行くとなれば休日を返上したり、仕事を調整して午前や午後に休みを取ったりしなければいけません。
病気であれば職場の理解も得やすいですが、保険適用外のダイエット目的で病院へ行くとなると、周りの目も気になってしまうものです。

また、処方された薬は自宅まで郵送してもらえます。
自分の都合が良い時間に診察を受け、リベルサスを処方してもらえるので、忙しい方も利用しやすいです。

リベルサスを処方してもらうことで得られるダイエット効果

リベルサスには、以下のような効果が期待できます。

過剰な食欲を抑える

食後、胃に入った食べ物が消化されると血糖値が高くなります。
それによって、満腹中枢に働き、満腹感を感じるという仕組みです。
リベルサスは、満腹中枢に直接働きかけるので、過剰な食欲を抑えることにつながります。
これはリベルサスに含まれているGLP-1という成分の働きです。

参考GLP-1ダイエットのビフォーアフター

満腹感が継続する

胃で消化された食べ物は、小腸に少しずつ送られていきます。
リベルサスは、小腸に食べ物が送られていくスピードを遅くするので、食べ物が胃の中に入っている時間が長くなります。
そのため、服用前と同じ食事をしていたとしても、満腹だと感じることが長くなるのです。

基礎代謝が高まる

リベルサスは、脂肪細胞に直接働きかけるので、基礎代謝のアップや脂肪の分解といった効果も期待できます。
基礎代謝が高まれば、痩せやすい体へと変化していきます。

リベルサスにはこのような効果が期待できますが、個人差があるので一概に言い切ることはできません。

リベルサスを保険適用で処方してもらうには?

リベルサスは、必ず保険適用になるわけではありません。
リベルサスを保険適用で処方してもらうには以下の条件が必要です。

糖尿病など治療目的の場合は保険適用になる

糖尿病などの治療目的であれば、リベルサスの処方は保険適用になります。
病気やけがの治療であれば、薬の処方も公的医療保険が適用になるためです。
糖尿病も病気なので、当然保険適用になります。

また糖尿病の治療では、体重をコントロールするために食事療法や運動療法も合わせて行われます。
また、副作用が起こった場合も医師にすぐ相談できるため、安心して薬を服用できる点が大きなメリットです。

ダイエット目的だと保険適用にならない

ダイエットなど美容目的で処方してもらうには、保険が適用となりません。
なぜかというと、ダイエットは病気の治療ではなく、きれいになることが目的だからです。
保険が適用になるのは、前述したように病気やけがなどの治療を行う場合です。

そのため、美容が目的の医療ダイエットには保険が適用されないので混同しないようにしてください。
保険が適用されないので、料金はそれぞれのクリニックや病院が自由に設定できます。

ダイエット目的でリベルサスを処方してもらうには?

ダイエット目的でリベルサスを処方してもらうには美容クリニックや、美容クリニックのオンライン診療が一般的です。

なお、ダイエット目的の場合、リベルサスは保険適用にならないので、足を運ぶクリニックや病院によって料金がことなります。

料金相場は以下のようになっています。

リベルサスの料金相場(目安)

  • リベルサス3mg:約6,500~1,0000円/月
  • リベルサス7㎎:約17,500~2,0000円/月
  • リベルサス14㎎:約26,000~33,000円/月

 

最初は3mgからスタートし、徐々に量を増やしていくのが一般的です。
そのため、7mgや14mgの料金でも継続できるかどうかもポイントになります。

病院によっては、初診料や再診料、採血料などがかかる場合もあります。

リベルサスを処方してもらう前に副作用のリスクについて理解しておこう

リベルサスはサプリメントのような感覚で処方してもらいたいと考えている方もいますが、医療用医薬品なので根本的に違います。
副作用のリスクはリベルサスの方が大きいです。

リベルサスに見られる副作用のリスク

リベルサスの服用で見られる主な副作用は、低血糖、下痢や嘔吐などの胃腸症状といったものです。
下痢や吐き気、嘔吐など胃腸に関連する副作用が見られるのは、GLP-1受容体作動薬に胃の動きを抑制する作用があるためです。

またリベルサスは、2型糖尿病の治療薬なので低血糖になる可能性もあります。
低血糖の自覚症状は、血の気が引く感じや冷や汗などです。
稀ではありますが、急性膵炎や胆嚢炎、胆管炎といった重大な副作用が出る可能性もあります。

そのような場合は、医療機関で適切な処置が必要になるので、服用をやめて医師に相談してください。

リベルサスを処方してもらう前に注意すべき人

リベルサスは誰でも服用できるわけではありません。
慎重に服用を検討しなければいけないケースもあります。

以下に該当する場合は特に注意が必要です。

  • 膵炎の既往歴がある
  • 重度の胃腸不全麻痺など重たい胃腸障害がある
  • 低血糖を起こす恐れがある(不規則な食事摂取、食事摂取量の不足又は衰弱状態・激しい筋肉運動・過度のアルコール摂取者など)
  • 胃の摘出手術を受けている
  • 妊娠予定2ヶ月以内の女性、妊婦、授乳婦
  • 高齢者

リベルサスを処方してもらうにはオンラインクリニックがおすすめ!

リベルサスを処方してもらうには、病院や美容クリニックもありますが、オンラインクリニックが特におすすめです。
最後におすすめのオンラインクリニックを2つご紹介します。

DMMオンラインクリニックの特徴

DMMオンラインクリニックは、合同会社DMM.comが2021年2月に開設したオンライン診療を行うプラットフォームです。
ITに関するノウハウを有しているため、それを活かすためにオンライン診療のパイオニアである新六本木クリニックと手を組んでDMMオンラインクリニックを開設しました。
医療機関との手系により、全国各地にサービスを提供できるようになっています。
リベルサスの量によって料金が変わるプラン制を採用していて、診察料は無料です。

DMMオンラインクリニックでリベルサスを処方してもらうには?

DMMオンラインクリニックでリベルサスを処方してもらう手順は以下の通りです。

1、診察の予約をする

まずは、受信した日時で診察の予約をします。
スマホやパソコンで簡単に予約できるのでとても便利です。
予約の管理も可能です。

2、診察を受ける

診察は、ビデオツールを使って行います。
いくつかの診療科目を受診することもできます。

3、薬を受け取る

診察が終わって問題がなければ、薬を受け取ります。
薬の受け取りは、自宅への配送をしてもらえます。
また、コンビニへの配送も可能となっているので、受け取りやすい場所を選択できるのは非常に魅力的です。

クリニックフォアオンラインの特徴

クリニックフォアオンラインは、診療実績が豊富なクリニックフォアグループが運営しています。
初診でも問題なくみてもらうことができます。
また、当日の診療も可能となっているので、少しでも早く手に入れたいといった場合にもおすすめです。
料金プランは、ライフスタイルに合わせて選択できる2つが用意されています。
リベルサスを内服するプランと自己注射をするプランです。
自己注射は慣れないと不安が大きいと感じる可能性が高いので、内服薬プランがおすすめだと言えます。

クリニックフォアオンラインでリベルサスを処方してもらうには?

クリニックフォアオンラインでリベルサスを処方してもらう手順は以下の通りです。

1、予約する

まずは、専用フォームから診察日と時間帯を選びます。
カレンダーから希望の日時をタップして予約するだけなので簡単です。
予約したら、事前に問診票に回答する必要があります。

2、診察を受ける

スマホやパソコンで診察を受けます。
事前に記入した問診票に沿って、医師が診察を行います。

3、薬を受け取る

薬は、最短翌日で自宅に届けられます。
薬の代金は、受け取った後にコンビニや郵便局、LINEpayで支払いができます。

【まとめ】リベルサスを処方してもらうには

今回は、リベルサスを消耗してもらうにはどうすべきか具体的な手段を紹介しました。
まとめると以下の通りです。

リベルサスを処方してもらうには?まとめ

  • リベルサスを処方してもらうには医師の診断が必須
  • 美容クリニック、ダイエット・肥満外来、内科・泌尿器科、オンラインクリニックで処方してもらえる
  • ダイエット目的でリベルサスを処方してもらうにはオンラインクリニックがおすすめ
  • ダイエット目的だと保険適用にならない

糖尿病などの場合なら保険適用になるのですが、ダイエット目的だとリベルサスは保険適用外です。
とはいえ、それほど高額ではないので、痩身目的で処方してもらう方も多いです。
ダイエット目的ならオンラインクリニックを利用するのがおすすめ。
オンラインクリニックであれば、自宅にいながらリベルサスを処方してもらえます。

  • この記事を書いた人
アバター画像

FASTE編集部

暮らしの総合情報メディア

-美容