本記事は、提携する企業のプロモーション情報が含まれます。

メンズファッション

シークレットシューズばれる?ばれない方法と着用画像で徹底解説

しょうた
しょうた
シークレットシューズはばれるのかな?

シークレットシューズがばれるのではないかと心配する方は少なくありません。
身長を盛っている事を周囲に知られるのは確かにダメージが大きいですよね。

そこでこちらの記事ではシークレットシューズがばれない方法を解説します。

これから紹介する方法を使えシークレットシューズがばれるリスクは99.9%ありません。

まゆか
まゆか
残念ながらどんな事でも100%はこの世には存在しないよ

ではさっそく解説しましょう。

シークレットシューズがばれる2つの理由

シークレットシューズがばれる可能性があるケースは2つあります。

シークレットシューズがばれる2つの理由

  1. 極端に身長を盛るシークレットシューズ
  2. 安物のシークレットシューズ

逆にいうとこれらを避けるとばれるリスクはなくなります。

1、極端に身長を盛るシークレットシューズは避ける

こちらは後でも紹介しますが、6cmのシークレットシューズを履いた場合の着用画像です。
左がビフォー、右がアフターになります。
女性との頭の差を比べてみると、ずいぶんと違っているのが分かります。

ちなみにこちらはおすすめシークレットシューズ専門店「革靴本舗」のものです。

何が言いたいかというと、初心者の方は10cm、20cmといったシークレットシューズを選びがちですが、6cmでもかなり違うという事です。

こちらはシークレットシューズ専門店の人気ランキングですが、6cm、5cmといったものが主流なのが分かります。
専門店であっても6cm程度が人気なのはバレるリスクが極限まで低いからなのです。

10cm、20cmのシークレットシューズは練習をしないと自然に歩くのが難しいです。
歩き方が不自然になりますし、疲れるので普段使いには不向き。
上級者向きなので、何か特別なイベント時の使用に限定した方が無難です。

2、安物のシークレットシューズは避ける

シークレットシューズを作るのは簡単です。
普通の靴に身長を盛れるインソールを入れるだけで底上げが可能だからです。
実際、Amazonなどにある安物はただ底上げしただけなので、キチキチで歩きにくかったり、不自然だったりします。
こういったものはレビュー評価も低い場合が多いです。

まゆか
まゆか
インソールを入れただけだとつま先がキツくなってしまうの

その点、それなりの値段がするシークレットシューズは、インソールが盛られていても余裕を持って履けるように工夫されています。

しょうた
しょうた
高額な必要はないけど、とにかく安物には注意だよ

シークレットシューズでばれるのを避けるなら、専門メーカーの品物がおすすめです。

シークレットシューズはきちんとした専門店のものを購入するのが基本で、もっともばれるリスクがありません。

わたしの一番のおすすめは革靴本舗のシークレットシューズです。

革靴本舗のシークレットシューズのポイント

  • シルエットの美しさを追求し自然
  • 履き心地が良いため自然に歩ける
  • 履いてる時も履いてないときもシークレットシューズと全く分からない
  • 熟練職人による完全国内生産
  • 無料サイズ交換に対応

\累計販売足数100万足以上の専門店/

革靴本舗公式サイト

※サイズ交換送料無料

まずはシークレットシューズに対するノウハウを持った老舗で購入するのがおすすめです。

シークレットシューズとは?

そもそもシークレットシューズとはどういったものなのでしょうか。
普段靴を選ぶときはデザインや価格、ブランドなどで決めることが多いですが、シークレットシューズはその構造や効果を理解してから選ぶのがポイントです。

実際よりも背を高く見せる

シークレットシューズは実際の身長よりも背を高く見せる効果のある靴で、女性の靴に例えるとヒールがある靴に似ています。

しかし女性のハイヒールは背を高く見せるというよりもファッション性が強めなのに対して、男性のシークレットシューズはばれずに「身長を伸ばす」ことを目的として求める方がほとんどです。
女性のハイヒールは外見から身長を盛っているのが分かりますが、シークレットシューズは外見からは分かりません。

シークレットブーツやシークレットスニーカー、上げ底靴と呼ばれる場合もありますが、どれも実際の身長よりも背を高く見せる効果が期待できます。

シークレットシューズの秘密はインソール

女性のハイヒールはその名の通り、ヒール部分が高くなっていますが、シークレットシューズで背が高く見える秘密はインソールにあります。
ヒールだとばれますが、インソールだと外から見えないためばれる心配ないわけです。

インソールは中敷きのようなもので、このかかと部分に高さを出すことで身長が高くなったように見えます。

靴内部の構造なので外側からは分かりにくくばれる心配がありません。
インソールとかかとの高さがそのまま身長のかさ増しできる部分になります。
かかとが3cmでインソールが2cmあれば5cmの身長アップが可能です。

シークレットシューズのばれる高さはどれくらい?

シークレットシューズを履くうえでもっとも心配されるのがばれる事です。

最近のシークレットシューズはデザイン性などにこだわったタイプも多いので、ばれることは少なくなっているようですが、場合によってはばれる可能性もあります。

ばれる高さ・ばれない高さ

ばれる要因のひとつにシークレットシューズの高さがあります。
まずはばれる高さ・ばれない高さをチェックしてみましょう。

種類やデザイン、元々の身長にもよりますが、ばれる可能性があるのは高さ8cm以上、ばれない高さは7cmまでと考えると良さそうです。
あくまで目安ですが、高さ7cmまでならまず、ばれることはありません。

ここからはシークレットシューズの高さ別にその特徴を見てみましょう。

5cmまでのシークレットシューズ

5cmまでのシークレットシューズはばれる可能性がもっとも低くなっています。
また、高さがそれほどないのでほとんどばれないといってもいいかもしれません。

低いものであれば3cmタイプもありますが、3cmほどの底上げなら少し厚みのあるインソールで十分です。

シークレットシューズを初めて履くなら5cmのものが最もおすすめです。
たかが、5cmですが実際に履いてみると世界が違って見えます。

6~7cmのシークレットシューズ

6~7cmでもばれる可能性はほぼないと言ってよいです。。
シークレットシューズでばれること無しに背を高く見せたい限界値がこれくらいでしょう。

また、6~7cmを買うときには靴全体のバランスが良いタイプを選び、少し値段が高くても自然に見えるようなデザインを買うのがおすすめです。
シークレットシューズ専門店ならばれる心配のないシークレットシューズが揃っています。

8cm以上のシークレットシューズ

8cm以上のシークレットシューズはばれる可能性が少し出てきます。
前述のとおり、シークレットシューズはインソールが傾斜しているので、靴を脱いだ時に、その傾斜が見つかってしまう場合があります。

外見上はばれる心配はないので脱いだ後の靴を上手に隠せれば問題はありません。
8cm以上ならば、シークレットシューズよりもシークレットブーツがおすすめです。

参考シークレットブーツはばれる?何cmまでが自然か

シークレットブーツはインソールが奥の方にあるため靴を脱いでもばれる心配がありません。

シークレットシューズの老舗。国産本革で人気

シークレットシューズ【革靴本舗】公式サイト

※販売足数100万足以上♪返品&サイズ交換OK

シークレットシューズはばれずに何センチまアップ可能?

シークレットシューズといっても販売店や製造メーカーによって高さは色々あります。
そもそも何センチまで身長アップが可能なのでしょうか。

15cmアップも不可能ではない

低いものであれば1~2cmのシークレットシューズもありますが、それくらいならインソール・中敷きの厚みでも試すことができます。
もっともベーシックなのは5cm~7cm程度アップのものです。

そして最大値だけでいえば15cmアップも可能です。
可能ではありますが、シークレットシューズを履いたことがない人がいきなり10cm以上のものを利用すれば足に負担がかかります。
つまづいたり足をひねる可能性もあるので注意が必要です。

確かに15cmアップも可能ではありますが、歩きにくく普段使いには不向きです。
あくまで結婚式などのイベント用、あるはコスプレ用など短期利用用と割り切りましょう、。

いきなり極端に身長が高くなるとにばれる

シークレットシューズは15cmアップもできます。
しかし、急に身長が高くなるとばれるリスクが高まります。

特に注意しなくていけないのは、同じくらいの身長の友人です。
今まで、会話する際に顔が同じくらいの高さにあったのに、いきなりシークレットシューズで15cmも高くなるとばれる可能性があります。

15cmの高さは身長160cmの人が急に175cmになるので、明らかに不自然です。
15cmアップする場合は、5cm、7cmと徐々に高さを周囲に慣れさせるのがおすすめ。
いきなりシークレットシューズでこれだけの高さを盛るのはおすすめできません。

高さを選ぶ際のポイント

15cmアップもできるシークレットシューズですが、何センチの高さがベストなのか悩んでしまいます。
そこで高さを選ぶ際のポイントは「イメージ」「シチュエーション」の2つです。

イメージは自分がなりたい身長や他の人からの視線、スタイル良く見せたい、ちょっと印象を変えたいなど、自分がどのようになりたいかをイメージして高さを選びます。

そしてシチュエーションはどういったときにシークレットシューズを利用するか、になります。結婚式や婚活、就活など気合を入れたい場面で少しでも背を高くしたいシーンに合わせて選ぶのもおすすめです。

場合によってはその場限りの身長なので、ばれる可能性もある7~9cmの高さに挑戦することもできます。
ただし、歩きにくいので、一度自宅で練習してから履くのがおすすめです。

シークレットシューズがばれる4つの理由

シークレットシューズは背が高く見える、コンプレックスを克服できるなど様々なメリットがあります。
当然の事ですが、ばれずに愛用したいですよね。
では、シークレットシューズがばれる理由とはどのようなものがあるのかまとめました。

歩き方が不自然

シークレットシューズがばれる大きな理由が不自然な歩き方です。
普段から歩き方を意識する人はほとんどいませんが、歩くときはかかとから足の裏、つま先の順で地面に接します。

しかし構造上の理由から、かかと部分が高くなっているので歩き方のバランスが悪くなってしまうことが多く、見るからに不自然になってしまうのです。

特に普段からハイヒールを履いている女性とは違い、男性はあまりヒールの方が高い靴を履着慣れていません。
そのため、どうしても自然な歩き方ができずにばれる場合があるのです。

特にシークレットシューズは高ければ高いほど歩きにくくなります。
逆に言うと、シークレットシューズで歩くことに慣れてしまえば歩き方の不自然さは解消されます。
ばれないコツとしては、最初は盛る身長の低いものからはじめて、だんだんと身長を沢山盛れるシークレットシューズに変えていく事です。

バランスの悪い

背を高く見せるために靴の底上げをすると、手足のバランスが悪くなることがあります。

ちょうど良い高さであれば脚長効果やスタイル良く見えますが、場合によっては足だけが長く腕が短くなってしまい、身体のバランスが悪くみえます。

あまりに身長を盛りすぎると、シークレットシューズのメリットである脚長効果が台無しになってしまいますし、ばれるリスクも高まります。
極端な身長アップは避けて10cm以下のものを選ぶのが無難です。

シークレットシューズを脱いだとき

外食時に座敷だったり、家に上がるときなど、靴を脱ぐシーンは意外とあります。
シークレットシューズはその構造上、インソールが傾斜していますからばれる可能性があります。
特に盛る身長が高ければ、高いほどインソールの傾斜は険しくなります。
脱いだ時にばれるのを避けるためには2つの方法があります。

  1. 7cm以下のシークレットシューズを履く
  2. シークレットブーツを履く

ばれるのを避けるには、盛る身長を7cm以下に抑える方がよいです。
これ以上になるとインソールの角度からばれるリスクが増えます。

またブーツタイプにすれば、インソールは奥の方にあり、暗くて見えません。
インソールの角度がきつくてもばれるリスクは最小限と言えます。

シークレットシューズが届いた時

通販でシークレットシューズが届いた時にばれるパターンもあります。
梱包袋や送り状に「シークレットシューズ」と書いてある場合は論外ですが、ヒール高などの記述があると家族や友人にばれる可能性がでてきます。
ちなみにシークレットシューズ専門店の「革靴本舗」の場合は以下のような配慮がなされています。

家族にばれてもOKという方もいるでしょうけど、このような配慮はしてあった方が助かります。

※配送時、梱包ケースや送り状に「ヒールアップシューズ、
シークレットシューズ 」等の文字は入りません。
靴箱にもヒール高さなどの記載はありません。

参照元:シークレットシューズ専門店「革靴本舗」

当然といえば当然の配慮ですが、こういった点がきちんとしているのは信頼できるお店の証でもあるのです。

シークレットシューズがばれるのを避ける方法

シークレットシューズがばれるのを避けるにはどうしたら良いのでしょうか。
ここからは具体的な対策法を解説します。

大幅な高さアップを避ける

シークレットシューズがばれる大きな原因が大幅な高さアップです。
高さを盛れば盛るほどばれるリスクは高まります。
特に急激な身長アップは避けた方が良いです。

まずは5cmアップ程度からはじめて、慣れて来たら徐々に高くしていくようにしましょう。
また大幅に身長を盛れば盛るほど、シークレットシューズは歩きにくくなります。
歩く練習もしておく事が大切です。

普段からよく会う人との対面時は注意

普段からよく会う人は身長を数値を把握していなくても、目線の高さである程度分かっています。
そのためシークレットシューズを履いていると目線の高さに違和感があり、ばれる可能性がでてきます。

毎日顔を合わす人のときは、できるだけ普通の靴を履くことでばれる原因をなくすことが可能です。
しかしビジネス用にシークレットシューズを履いているという場合はばれる心配はないと言えます。

たとえば、いつも顔を合わせる取引先の人はプライベートで会うことがほとんどありません。
したがって、シークレットシューズを履いていないときの身長を知らないため、ばれるリスクも最小限です。

デザインに気をつける

シークレットシューズには様々なパターンや種類があります。
ばれないためには「デザインをよく考えて購入する」のが大切です。

特に安いものは見た目からして不自然な作りになっていることも多いのでばれるリスクが高いです。
シークレットシューズはチープなものを選ばないようにしましょう。

また、インソールが薄く靴底に厚みがあるタイプは厚底感が強くなり、デザインもダサくなってしまいます。
靴底が薄くインソールに厚みのあるタイプを選びましょう。

厚底タイプでもスニーカーであればカッコいい靴も多いです。
購入前に見た目で不自然ではないかどうかチェックしておきましょう。
また、インソールがドーム状になっているものは靴を脱いでもばれにくいのでおすすめです。

シークレットシューズがばれない歩き方

シークレットシューズがばれる原因に歩き方の不自然さがあります。
やはりインソールがぶ厚い分どうしても不自然になってしまうのです。

自然な歩き方を心掛けようとすれば視線が足元に集中してしまうので、それもよくありません。
ここでは、シークレットシューズを履いているときの歩き方のコツを紹介します。

まずは猫背にならないように、きれいな姿勢を心掛けることでカッコよくみえます。

シークレットシューズでの歩き方のポイントは「重心」「ひざ」「歩幅」の3つです。
それぞれのポイントごとに詳しく説明します。

重心はかかとを心がける

まずはシークレットシューズの歩き方で一番大切な重心です。
シークレットシューズはかかと部分が高くなっているので歩くときに、つま先に重心がかかって不自然になってしまいます。

そのため歩くときはいつもより少しだけかかとに重心をかけてみましょう。

そして足を下ろすときはかかとからにしてください。
慣れるまでは違和感を感じるかもしれませんが、慣れてくれば女性がハイヒールで自然に歩くようにスムーズな歩行が可能です。

ひざを伸ばして歩く

シークレットシューズで歩くときはひざを伸ばして歩くこともポイントになります。
かかと部分が高い靴はひざを曲げて伸び切らないまま歩いてしまうこともあり、姿勢が悪くなってしまいます。

このような歩き方は、足に負担もかかりやすいので注意しましょう。

シークレットシューズで歩くときはひざや股関節などをやわらかくするイメージで、ひざは伸ばして歩くことを意識してください。

まずは靴を履いていない状態で部屋の中できれいな歩き方をイメージ、実際に歩いてひざの曲げ伸ばしを確認するときれいに歩けます。

歩幅は少しだけ小さくする

シークレットシューズで歩幅を大きくして歩くと、疲れるだけでなく足に負担がかかりやすくなります。

最初のうちは安定感と疲れにくさを考えて歩幅を少しだけ小さくしてみましょう。
慣れてくれば普段通りの歩幅で歩いても違和感がなくなります。

歩きやすいシークレットシューズを選ぶ

歩き方はもちろん大事ですが、歩きやすいシークレットシューズを選ぶのもばれないポイントになります。
どうしても歩き方が不自然になってしまう場合は、靴底がフラットになったプラットフォームシューズもおすすめです。

プラットフォームシューズは安定感がある歩きやすいタイプの靴です。
少し厚底に見えますが逆にこの厚底がシークレットシューズ感をなくしてくれます。

友だちなどと会っていて「背が少し高い?」とばれそうになっても厚底靴だからとごまかすことも可能です。
厚底靴という言い訳を作れるため、ばれるリスクがグンと下がります。

【まとめ】シークレットシューズはばれる?

シークレットシューズはばれるのか?ばれるのを避けるコツなどを紹介してきました。
まとめると以下の通りです。

シークレットシューズはばれる?

  • 高さが極端なシークレットシューズはばれるリスクが高い
  • シークレットシューズを脱いだ後はインソールの傾斜が見えるのでばれやすい
  • ブーツタイプならインソールが見えないのでばれにくい
  • 身長を盛りすぎたシークレットシューズは歩くのが難しいためばれる可能性がある
  • 最初は盛る身長が低いものから徐々に高くしていくのがおすすめ

シークレットシューズの老舗。国産本革で人気

シークレットシューズ【革靴本舗】公式サイト

※販売足数100万足以上♪返品&サイズ交換OK

シークレットシューズがばれることが心配なら、まずは5cmなどの低いものから始めるのがおすすめです。
いきなり10cm以上を使うと急に身長が高くなりばれる原因になります。
また歩き方も不自然になりがちなのもネックです。
最初は低いものから、だんだんと高いシークレットシューズにチャレンジしていきましょう。

  • この記事を書いた人
アバター画像

FASTE編集部

暮らしの総合情報メディア

-メンズファッション